年配の方を配慮した引き出物

結婚式 引き出物 ガイド > コラム > 年配の方を配慮した引き出物

年配の方を配慮した引き出物

結婚式に参加いただく親族の多くは、両親よりも年配の方が多いです。
そのため、世代の違いから、友人ゲストと親族では引き出物を分けると良いかもしれません。

親族は、自分達よりも両親の方が何かと親交があることも多いので、
親族へ対して贈る場合は、どんなものが良いのかを両親に相談するのも一つでしょう。

もしも、両親以外で親族への贈る相談をされる場合、
式場の担当者との相談をすることも良いかと思いますが、
可能であれば、親族の年代に近い方に相談ができる方が、もっと良いかもしれません。

また、親族のご祝儀は、3万円から5万円が相場ですが、
中には10万円前後をいただくという場合もありますから、
高額なものや豪華なものなど、ご祝儀の金額に見合う物を良く考えて用意する必要があります。

では、親族に対しては、一体どのような品物を用意すると良いのでしょうか。

親族は結婚式への参加経験も多いので、ある程度、一般的な相場や知識も豊富です。
ですから、形として残る物でしたらブランド品、
食べ物でなくなる物でしたら有名品など、
品質にこだわって選ぶことも重要なことの一つとなるかもしれません。
また、地域の特産品というもの良いかもしれません。

その他、親族の参加が遠方であったり、足が不自由だったりする場合など、
親族の状況によっては、割れる可能性や重たいものである食器類、
日持ちのしない食べ物や好みが分かれそうなもの食品類は
出来るだけ避けたほうが良いかもしれません。